Magic eye りたーんず

意味深に振る舞っている。

table of contents

過去の日記

Akiary v.0.51

アクセス解析

バックナンバー

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理

今日の動き

2010年10月2日(土)

Adaptec ASR-2405 のファームウェアをアップデートしてみる

Adaptec ASR-2405 + SUPERTALENT - FTM28DX25T x 2 の組み合わせで,RAID1 ディスクアレイが度々 Degrade になる問題.バックプレーンを DIR-1060SS (2.5inch x 6 !!) に交換してみたり,直結してみたりしても起こることから,RAID カードもしくは SSD の相性の可能性が出てきた.念のため Adaptec Support Knowledgebaseを確認してみたが SSD 特有の問題は報告されていない.

そこで,最後の手段としてファームウェアアップデートを試みることにした.今のファームウェアリビジョンは 15936.これを最新の 17911 に上げてみる.アップデートは DOS 起動ディスク から行う.なお,ファームウェアは 1.44MB 単位で分割されているのでフロッピーディスク起動の DOS でもイケるみたい.俺は面倒なので USB メモリを DOS 起動ディスク化したものを使った.DOS が起動したら,afu.exe を実行することで,アップデートメニューが起動する.あとはよしなに.

あっさり完了.再起動してみると,Controller kernel の起動が圧倒的に速くなった.Array Configuration Utiity も大きく変わったし,ディスクアレイもきちんと認識されている. もちろん ESXi からもきちんとディスクアレイが見えている.

というわけで,無事ファームウェアアップデートは完了した模様.不具合が再発しなければいいが...

WD20EARS の RMA :国際郵便で出してきた

シンガポールまでの送料は \2100.明細書がインボイスを兼ねるという事前情報を信じて窓口に行ったら,結局その場で改めて書かされてしまった.宛先住所がやたら長いのでかなり汚い字面に.ペンをまともに握らなくなって久しいとはいえ,あれは無いよなぁ.
あと,土曜日なので集配局くらいしか窓口が開いていない上に,局が最寄り駅も無いヘンピな場所にあるのでえらく歩いてしまった.周辺に駅が無いだけで,あんなに閑静な住宅街になるんだね.自転車通勤を考えるなら,ああいう場所も悪くないかなぁと思ったり.あ,最寄りの簡易局は国際郵便の取扱いが無かったので今後は注意したい.

ESET NOD32 の期限が残り 1ヶ月

ライセンス更新しないとなぁ.ついでだから追加ライセンスを買おうと思う.

created: 2010-10-02T22:18:32+09:00, last modified: 2010-10-02T23:01:59+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101002

もういやだ @Adaptec ASR-2405

2010年10月3日(日)

もうずっとこのネタだな.SSD ディスクアレイが正常動作するようになった代わりに,今度は HDD ディスクアレイが ESXi 上からアクセス不能になってしまう.
ファームウェアのバージョンが大きく変わったことで何か不整合が発生したのかもしれないので,一旦データを退避してディスクアレイを切り直してみることにする.

これでも再発するなら RAID カードを買い換えることにする.調べて判ったことなのだが ASR-2405 は非常に相性が出やすいカードなんだそうな.また金が飛んでいくのか...

ここ1ヵ月くらい,ずっと ESXi の面倒を見てる気がする.新しいものに問題はつきものだし,もとより覚悟の上とはいえ,いくらなんでも時間を使いすぎだと思う.ESXi を使うときは,動作確認済み構成のマシンを購入するのが最善だと思う.次はメーカー製のサーバを購入しようかな.

created: 2010-10-04T01:57:00+09:00, last modified: 2010-10-04T02:01:43+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101003

もういやだ @Adaptec ASR-2405 - after

2010年10月6日(水)

ESXi な話.

RAID1 する 2.5-inch HDD x 2 を HGST から Seagate Momentus 7200.4 ST-9500420AS (SATA II 7200rpm 500GB)に替えてみたところ,ディスクアレイが飛ぶなどの現象も発生せず,正常に動作するようになった.転送速度が大幅に落ちていた問題は,RAID の Background job prority を High から Middle に下げたところ改善した.とはいえ安定動作することの方が重要なので,当面は経過を見守りたい.

なお,先週購入したバックプレーン DIR-1060SS は,外装が安っぽい,アクセスランプが青の高輝度でクソまぶしい,ラッチが速攻で壊れる等最悪だったので,初期不良交換してもらった後に売却する予定.

ESXi マシンで使ってる,Supermicro H8SGL-F.BMC の firmware を最新の R2.02 に上げてみたら, Windows 7 x64 で ちゃんと javavw がブチ上がり,見事画面が拝めるようになった.Windows でしか動作確認できてないけど,それでも LCD と キーボードを撤去しても問題無いどころかお釣りがくるというのは美味しい.\33k でこの機能が標準装備とは,もう民生用の激安マザーボードは買いたくないわ.

つうわけで,今度の今度こそ一段落....だといいなぁ

created: 2010-10-06T23:02:52+09:00, last modified: 2010-10-07T01:08:10+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101006

Bluetooth キーボードを買ってみた

2010年10月9日(土)

外出先で腰を据えて長文を書ければいいなぁ ってことで, WILLCOM03 用に Bluetooth キーボードを買ってみた.
MP-0118US 配列なのでそのままだとキーマップがおかしい. でも WindowsMobile 6.0 でキーマップを変更する方法が判らん.あと,WILLCOM03 は Bluetooth と 無線LAN は排他利用となる.なので,ポケットルータで繋ぎつつ,Bluetooth を使うと言うことが出来ない...そろそろ新しい PDA を探さないといけないなぁ

PFU製 PD-2113A8S というカード型コンピュータを入手した.某所をふらふらしていたところ見かけたもので,PC-Card サイズながらこの中に PC/AT互換機相等の機能が納められているそうな.製造された時期は 1996 年頃で,今で言う x86 組み込みボードの先駆けともいえる.CPU は i486SX 程度らしい...

このカード,ぐぐっても仕様書がまるで手に入らない.もっとも手に入ったところで,電源供給や周辺機器との接続用と思われる非常に本数の多いコネクタを経由して結線してやる必要があるし,そこまで頑張っても i486SX.どのみち使い物にならない.店頭価格は \1000 だったが,このままでは技術資料的な価値程度しか無いと思う.当時の性能で, これだけ小さな x86 組み込みボードを作ったところで,性能と発熱で MIPS/SuperH などに太刀打ちできるはずも無く衰退し,それから15年近くを経た今では組み込み機器の分野を x86 が席巻しようとしている,という流れを知っていれば...いや知っていても普通は買わないよなwwww

ちなみに,これは店のおっちゃんから無料で譲り受けたもの.「話を聞いてくれたお礼」とのこと.次何か用立てがあったら,おっちゃんの店で買うことにするよ.

created: 2010-10-09T23:06:53+09:00, last modified: 2010-10-09T23:07:57+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101009

OpenIndiana

2010年10月11日(月)

Project OpenIndiana

ORACLE による Sun の買収でどうなったのかと思ってた OpenSolaris.latest build も 2009.06 と,どうなってんだかと思ってたら,後継となるプロジェクト OpenIndiana が立ち上がっていた.成果物は http://dlc.openindiana.org/isos/において公開されている.今のところ開発途中というステータスだが,Solaris で育った身としては期待したい.

閑話休題.同期とスカイツリーを見に行ってきた.でかいねぇ

created: 2010-10-11T00:56:21+09:00, last modified: 2010-10-11T00:56:21+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101011

旧式フォーマットの再生問題

2010年10月11日(月)

3連休最終日.今日は丸1日カウボーイビバップを観て過ごしてた.

その中で, #18 Speak like a child という話がある.ストーリーは,フェイ宛に届いたビデオテープを再生しようと頑張り,結果として再生に成功するが,そこには冷凍睡眠に入る前の幼いフェイが映っていた...という感じ.ベータで送ってくるあたりに妙なこだわりを感じるけれど,問題はそこじゃない.いや,本質的には関係あるか.それが,この日記のタイトル.

まあよく聞く話.先日実家に戻ったとき,レコーダーが HDD/BD に置き換えられていた.未だ大量の VHS 資産があったので,帰省の際に MPEG-2 なり H.264 なりに取り込んでおきたかったが,それも叶わなくなってしまった.もちろん VHS レコーダーは未だに入手はできる.今でもそういう人はかなり居られるようで,VHS レコーダー機能を持つ BD/HDD レコーダーなんて機種が今でも販売されてる.今でも再生しようと思えば再生できるだけ VHS はマシなのかもしれない.ベータなんてデッキもテープもほとんど入手できないので,ベータの業務用規格である BETACAM あたりを無理に使うしか無いはず.

旧式のフォーマットに関する問題はビデオテープなどの記録メディアに限らず,PC のデータフォーマットでも既に起きている.例えば Flash.最新の Flash Player では,一部の古いコンテンツがバージョンチェックに引っかかって再生できないという問題が発生することを確認している.おそらく Macromedia 時代のものかもしれない.映像・音声・画像なら別の記憶メディアや記録方式に移行すれば良いけれど,それが出来ない表現の方法だったりすると,さてどうやって現行の環境で再生すればいいものか.電気博物館からプレイヤーをパクってくるなんて方法では対処できないとは思う.

今週は色々と片付けなければならん仕事が山盛りでござい.気がついたら10月も半ば.そろそろ新しいボードを買いたいなあ.

created: 2010-10-11T23:31:29+09:00, last modified: 2010-10-12T00:33:23+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101011

RMA承認通った 

2010年10月13日(水)

先月WDのRMA承認依頼でシンガポールの工場に送ったWD20EARS. 承認された旨のメールが昨日届き,今朝出荷されたとのこと.順調に行けば今週末には届きそうな予感.まあこんなもんかね.

真横を通る電車の音があまりにも五月蝿いので引越し願望が沸いてきた.次は3年目で契約更新ってこともあるし,タイミングとしても悪くない.立地はまあまあ悪くないんだけどね.てかその2年後は今の会社に居なかったりしてwwwww

created: 2010-10-13T22:43:48+09:00, last modified: 2010-10-13T22:49:49+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101013

HDDとどいた

2010年10月16日(土)

FedEX で今朝到着.まだ開けてないけどね.

ピザ食いたかったので頼んだ.多少デブになってもいいよね.

created: 2010-10-16T22:34:30+09:00, last modified: 2010-10-16T22:34:30+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101016

BD-Rドライブ買った

2010年10月18日(月)

Bluray 版サマーウォーズ買ったので,勢いで一緒に Pioneer BDR-206 も買ってきた.バルク品で再生ソフトとかも付いてくる.ツクモで \17k だったかね.Windows 7 x64マシンに接続して,認識することまでは確認した.

某ネットワーク機器専門店で,Watchguard Firebox X700 をpfSense で動作させるデモをひっそりとやってた.LCD に情報まで表示されてたので,まさかと思って調べてみたら Firebox LCD Driver for LCDProc なる情報.CPU を Celeron 1GHz -> PentiumIII-S 1.3GHz に,メモリを 256MB -> 512MB ECC Reg. に交換されたものの,冷却ファンがヤカマしいため,ラックの肥しになっていた Firebox の運命や如何に.

created: 2010-10-18T00:36:23+09:00, last modified: 2010-10-18T00:36:23+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101018

pfSenseで暴れる

2010年10月18日(月)

pfSense を試そうと思ったら適当なCFが手持ちに無かったり,BD ドライブのテストは週末に回そうと思ってたりしてたので,腹いせに Quake で暴れることにした.時間が欲しいです.

Quake 飽きた.というわけで,pfSense をインストールしてみよう.ターゲットハードウェアは,Watchguard Firebox X700.

基本的な手順としては以下のとおり.詳細については公式ドキュメント: HOWTO Install pfSense を参照されたし.

  1. 512MB/1GB/2GB のいづれかの CompactFlash を用意し, dd(1) で書き込む
  2. CF を Firebox に挿入して起動させる.
  3. シリアルコンソールからログインして LAN/WAN インタフェースの設定を行う
  4. WebGUI にログインして DNS などの基本設定を完了させる
  5. 後はお好みで味付けして盛り付ける

先日紹介した LCDproc については, Firebox LCD Driver for LCDProc の情報を参考に,シェルに降りてインストールする.ここで,ライブラリが見つからないとブーたれてデーモンの起動に失敗するが,シンボリックを張り直せば良い.また,そのままだとファイルシステムが Read-only でマウントされててシンボリックリンクを書き込めない.これらの手順も同スレッド内に情報があるので,興味のある人は併せてどうぞ.

1 FreeBSD
2 FreeBSD

Boot: 1
/boot.config: -h
Consoles: serial port
BIOS drive C: is disk0
BIOS 639kB/523264kB available memory

FreeBSD/i386 bootstrap loader, Revision 1.1
(sullrich@FreeBSD_7.2_pfSense_1.2.3_snaps.pfsense.org, Mon Dec 7 17:37:10 EST 2009)
Loading /boot/defaults/loader.conf
/boot/kernel/kernel text=0x739788 data=0x13cf6c+0x51c80 /
\
Hit [Enter] to boot immediately, or any other key for command prompt.
Booting [/boot/kernel/kernel]...
Copyright (c) 1992-2009 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 7.2-RELEASE-p5 #0: Mon Dec 7 18:09:15 EST 2009
sullrich@FreeBSD_7.2_pfSense_1.2.3_snaps.pfsense.org:/usr/obj.pfSense/usr/pfSensesrc/src/sys/pfSense_wrap.7.i386
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
CPU: Intel(R) Pentium(R) III CPU - S 1266MHz (1269.55-MHz 686-class CPU)
Origin = "GenuineIntel" Id = 0x6b4 Stepping = 4
Features=0x383f9ff
real memory = 536870912 (512 MB)
avail memory = 511475712 (487 MB)
wlan: mac acl policy registered
ACPI Error (tbxfroot-0308): A valid RSDP was not found [20070320]
ACPI: Table initialisation failed: AE_NOT_FOUND
ACPI: Try disabling either ACPI or apic support.
cryptosoft0: on motherboard
padlock0: No ACE support.
pcib0: pcibus 0 on motherboard
pir0: on motherboard
$PIR: Using invalid BIOS IRQ 9 from 2.13.INTA for link 0x63
pci0: on pcib0
pcib1: at device 30.0 on pci0
pci2: on pcib1
re0: port 0xd500-0xd5ff mem 0xefefa000-0xefefa1ff irq 10 at device 9.0 on pci2
re0: Chip rev. 0x74800000
re0: MAC rev. 0x00000000
miibus0: on re0
rlphy0: PHY 0 on miibus0
rlphy0: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
re0: Ethernet address: 00:90:xx:xx:xx:xx
re0: [FILTER]
re1: port 0xd600-0xd6ff mem 0xefefb000-0xefefb1ff irq 5 at device 10.0 on pci2
re1: Chip rev. 0x74800000
re1: MAC rev. 0x00000000
miibus1: on re1
rlphy1: PHY 0 on miibus1
rlphy1: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
re1: Ethernet address: 00:90:xx:xx:xx:xx
re1: [FILTER]
re2: port 0xd900-0xd9ff mem 0xefefc000-0xefefc1ff irq 11 at device 11.0 on pci2
re2: Chip rev. 0x74800000
re2: MAC rev. 0x00000000
miibus2: on re2
rlphy2: PHY 0 on miibus2
rlphy2: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
re2: Ethernet address: 00:90:xx:xx:xx:xx
re2: [FILTER]
re3: port 0xda00-0xdaff mem 0xefefd000-0xefefd1ff irq 12 at device 12.0 on pci2
re3: Chip rev. 0x74800000
re3: MAC rev. 0x00000000
miibus3: on re3
rlphy3: PHY 0 on miibus3
rlphy3: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
re3: Ethernet address: 00:90:xx:xx:xx:xx
re3: [FILTER]
re4: port 0xdd00-0xddff mem 0xefefe000-0xefefe1ff irq 9 at device 13.0 on pci2
re4: Chip rev. 0x74800000
re4: MAC rev. 0x00000000
miibus4: on re4
rlphy4: PHY 0 on miibus4
rlphy4: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
re4: Ethernet address: 00:90:xx:xx:xx:xx
re4: [FILTER]
re5: port 0xde00-0xdeff mem 0xefeff000-0xefeff1ff irq 6 at device 14.0 on pci2
re5: Chip rev. 0x74800000
re5: MAC rev. 0x00000000
miibus5: on re5
rlphy5: PHY 0 on miibus5
rlphy5: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
re5: Ethernet address: 00:90:xx:xx:xx:xx
re5: [FILTER]
isab0: at device 31.0 on pci0
isa0: on isab0
atapci0: port 0x1f0-0x1f7,0x3f6,0x170-0x177,0x376,0xff00-0xff0f at device 31.1 on pci0
ata0: on atapci0
ata0: [ITHREAD]
ata1: on atapci0
ata1: [ITHREAD]
cpu0 on motherboard
orm0: at iomem 0xe0000-0xe0fff pnpid ORM0000 on isa0
ppc0: at port 0x378-0x37f irq 7 on isa0
ppc0: Generic chipset (ECP/PS2/NIBBLE) in COMPATIBLE mode
ppc0: FIFO with 16/16/16 bytes threshold
ppbus0: on ppc0
ppbus0: [ITHREAD]
ppi0: on ppbus0
ppc0: [GIANT-LOCKED]
ppc0: [ITHREAD]
sio0 at port 0x3f8-0x3ff irq 4 flags 0x10 on isa0
sio0: type 16550A, console
sio0: [FILTER]
sio1: configured irq 3 not in bitmap of probed irqs 0
sio1: port may not be enabled
unknown: can't assign resources (memory)
speaker0: at port 0x61 pnpid PNP0800 on isa0
unknown: can't assign resources (port)
unknown: can't assign resources (port)
RTC BIOS diagnostic error 20
Timecounter "TSC" frequency 1269551482 Hz quality 800
Timecounters tick every 10.000 msec
IPsec: Initialized Security Association Processing.
ad0: 1953MB at ata0-master PIO4
WARNING: Expected rawoffset 0, found 63
WARNING: Expected rawoffset 0, found 1902159
Trying to mount root from ufs:/dev/ufs/pfsense0
WARNING: / was not properly dismounted
Setting up embedded specific environment... done.

___
___/ Wf \
/ p \___/ SAense
R___/ \
\___/N
ING: /cf was not properly dismounted

Welcome to pfSWense 1.2.3-RELEAASE...

MountinRg filesystems...NING: R/W mount of / denied. Filesystem is not clean - run fsck
mount: : Operation not permitted
** /dev/ufs/pfsense0
** Last Mounted on /
** Root file system
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3 - Check Connectivity
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cyl groups
3703 files, 166048 used, 1703966 free (4854 frags, 212389 blocks, 0.3% fragmentation)

***** FILE SYSTEM MARKED CLEAN *****
** /dev/ufs/cf (NO WRITE)
** Last Mounted on /cf
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3 - Check Connectivity
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cyl grouWps
7 files, 29 Aused, 101026 freRe (26 frags, 126N25 blocks, 0.0% Ifragmentation)
NG: R/W mount of /cf denied. Filesystem is not clean - run fsck
mount: : Operation not permitted
** /dev/ufs/cf
** Last Mounted on /cf
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3 - Check Connectivity
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cyl groups
7 files, 29 used, 101026 free (26 frags, 12625 blocks, 0.0% fragmentation)

***** FILE SYSTEM MARKED CLEAN *****
done.
Creating symlinks......done.
Launching the init system... done.
Initializing.................. done.
Starting device manager (devd)...done.
Loading configuration......done.

Network interface mismatch -- Running interface assignment option.

Valid interfaces are:

re0 00:90:xx:xx:xx:xA
re1 00:90:xx:xx:xx:xB
re2 00:90:xx:xx:xx:xC
re3 00:90:xx:xx:xx:xD
re4 00:90:xx:xx:xx:xE
re5 00:90:xx:xx:xx:xF

Do you want to set up VLANs first?
If you are not going to use VLANs, or only for optional interfaces, you should
say no here and use the webConfigurator to configure VLANs later, if required.

Do you want to set up VLANs now [y|n]?n <-- VLAN を使うならここで選択する.今回はとりあえず使わないので no を選択.

*NOTE* pfSense requires *AT LEAST* 2 assigned interfaces to function.
If you do not have two interfaces you CANNOT continue.

If you do not have at least two *REAL* network interface cards
or one interface with multiple VLANs then pfSense *WILL NOT*
function correctly.

If you do not know the names of your interfaces, you may choose to use
auto-detection. In that case, disconnect all interfaces now before
hitting 'a' to initiate auto detection.

Enter the LAN interface name or 'a' for auto-detection: a <-- LAN 側で使用するインタフェースの設定を行う.a を選択すると,Link Up/Down で検出できる.

Connect the LAN interface now and make sure that the link is up. <-- LAN 側にしたいポートにEthernet ケーブルを挿入(LinkUp) する.
Then press ENTER to continue.

re1: link state changed to UP
Detected link-up on interface re1.

Enter the WAN interface name or 'a' for auto-detection: re0 <-- 今度は WAN 側.ここでは インタフェース名を直接指定してみた.

Enter the Optional 1 interface name or 'a' for auto-detection
(or nothing if finished):

The interfaces will be assigned as follows:

LAN -> re1
WAN -> re0

Do you want to proceed [y|n]?y <-- インタフェースのセットアップは完了.


Updating configuration...done.
Cleaning backup cache...done.
Setting up extended sysctls...done.
Syncing user passwords...done.
Starting Secure Shell Services...done.
Setting timezone...done.
Setting up microcode and tx/rx offloading...done.
Configuring LAN interface...re1: link state changed to DOWN
done.
Configuring WAN interface...re1: link state changed to UP
done.
Configuring OPT interfaces...done.
Configuring CARP interfaces...done.
Starting syslog...done.
Starting OpenNTP time client...done.
Configuring firewall......done.
Starting webConfigurator...done.
Starting DHCP service...done.
Starting DNS forwarder...done.
Starting FTP helpers...done.
Final filter pass......done.
Generating RRD graphs...done.
Starting DHCP service...done.
Starting CRON... done.
Executing rc.d items...
Starting /usr/local/etc/rc.d/*.sh...done.
appending output to nohup.out
Bootup complete

FreeBSD/i386 (pfSense.local) (console)


*** Welcome to pfSense 1.2.3-RELEASE-nanobsd on pfSense ***

WAN -> re0 -> NONE(DHCP)
LAN* -> re1 -> 192.168.1.1

pfSense console setup
***************************
0) Logout (SSH only)
1) Assign Interfaces
2) Set LAN IP address
3) Reset webConfigurator password
4) Reset to factory defaults
5) Reboot system
6) Halt system
7) Ping host
8) Shell
9) PFtop
10) Filter Logs
11) Restart webConfigurator
12) pfSense Developer Shell
13) Upgrade from console
14) Enable Secure Shell (sshd)

Enter an option: 2


Enter the new LAN IP address: 172.16.1.11 <-- LAN 側 IP アドレスの設定.

Subnet masks are entered as bit counts (as in CIDR notation) in pfSense.
e.g. 255.255.255.0 = 24
255.255.0.0 = 16
255.0.0.0 = 8

Enter the new LAN subnet bit count: 24

Do you want to enable the DHCP server on LAN [y|n]? n

The LAN IP address has been set to 172.16.1.11/24.
You can now access the webGUI by opening the following URL
in your web browser:

http://172.16.1.11/

Press ENTER to continue.



FreeBSD/i386 (pfSense.local) (console)


*** Welcome to pfSense 1.2.3-RELEASE-nanobsd on pfSense ***

WAN -> re0 -> NONE(DHCP) <-- WAN側は WebGUI から変更するので,ここではそのままにしといた
LAN* -> re1 -> 172.16.1.11

pfSense console setup
***************************
0) Logout (SSH only)
1) Assign Interfaces
2) Set LAN IP address
3) Reset webConfigurator password
4) Reset to factory defaults
5) Reboot system
6) Halt system
7) Ping host
8) Shell
9) PFtop
10) Filter Logs
11) Restart webConfigurator
12) pfSense Developer Shell
13) Upgrade from console
14) Enable Secure Shell (sshd)

Enter an option:

しかしこの pfSense ,WebGUI がよく出来てる.機能面でも,VPN サーバや PPPoE アクセスコンセントレータなんかも持ってたりして.なお,WebGUI から見たかんじ動的経路制御プロトコルは RIP のみをサポートしてるっぽい.ゲートウェイ装置ってことなんだし,この辺は別のソリューションに担当してもらえばいいのか.

created: 2010-10-18T22:22:08+09:00, last modified: 2010-10-24T04:14:33+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101018

年間計画振り返り

2010年10月19日(火)

2010年も半年以上経ったけど,年度単位で見れば Q2 締まったんで,まあいいでしょwww というわけで振り返り.中には2009年度で既に撃墜完了したものも含まれてるので,その辺の経緯を振り返ってみようかなと.

短期目標

[撃墜] 400W TFX 電源

2009Q2で撃墜完了.でも2010Q2でESXiへ乗り換えたのと一緒にハードウェア構成をまるんちょと変えたので,結局遊休資産となった.稼働期間はわずか1年.今では LGA1156 検証環境用にしてる.

[撃墜]Dual port GbE アダプタ (Low-profile PCI-e)
これも2009Q2で撃墜完了.リコール対象製品だったので,幸か不幸か新品に交換することに成功.満足.でもVLANという禁断の果実を口にしてからは,殆どその恩恵を受けていないような.

[撃墜]HDMI対応 24型フルHD液晶ディスプレイ #2
これも2009Q2で撃墜完了.Windows 7 x64 で絶賛稼働中.もう1枚欲しいけど置く場所が無くて困ってる...

[撃墜]Windows 7 Ready マシン導入
OSは2009Q3で導入.ハードウェアもOSも安定してます.

モノクロレーザープリンタ
欲しいけど置く場所とアンペア数が無い.

長期目標・プロジェクト

バイク
導入してません.YAMAHA XJR400R が欲しかったけど,最初の1台なので信頼性を重視して HONDA にしとこうとは思ってる.駐車場代は今月大家に確認したところ\5k/月.ランニングコストは家計を少し切り詰めれば問題なさそうな感じ.あとは信頼できるバイクショップ選び.これが一番大変.

2008/12/11:プロジェクト「じゃのしま」が始動
そもそも実家に帰らないといけないので,進めようがありません.

開局申請:昔のコールサイン貰えるかなー
アマチュア無線も相当下火なのでcloseしようかなと思ってます.

WILLCOM CORE closeします.あんな状態じゃ期待もできず.というか,そろそろWILLCOMさんとはお別れしようと思う.

総評

ほとんど放ったらかし状態だったので,策定当時とは状況がかなり変わってたりして短期間での計画の見直しが必要と思われる.
WILLCOMが民事再生とかもうね.
あと今年は自宅鯖が VMware ESXi 元年を迎えたため,あれこれ検証用にパーツを買い込んだせいで出費がえらいことになって目標達成が困難だったものもある.世間ではそれを無駄遣いとか言うらしいが大きなお世話ですぅ.KVMも悪くないんだけど,管理の容易さと64-bit OSへの対応に難があるので,今は検証中の段階.32-bit OSでの安定性は申し分ないので,どこかのタイミングで実環境に投入して苛めてみたいと考えてはいる.
できればtracとか使ってこまみにステータスを操作できればいいんだけどな.いちいちxhtml書き換えてftpでうpなんて面倒だし.

created: 2010-10-20T02:05:53+09:00, last modified: 2010-11-04T00:46:03+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101019

各機器の冷却ファンを交換して静音化した

2010年10月23日(土)

とくに L2SW はじめ,40mm ファンの爆音が喧しかったので交換した.開けたついでにエアダスターでホコリを全て吹き飛ばす.ことヒートシンクにこびり付いたホコリの塊は,放熱を妨げ,ファンの速度が上がる原因となるので,徹底的に実施.これでかなり静かになったと思う.
# しかしこの赤い Firewall は冷却系の設計が随分と強引だよなぁ

先週買ってきた BD 版サマーウォーズを鑑賞.なるほど先日のTV版は相当派手にカットされてたんだな.正直時間を無駄にしたというか,タダほど高いものは無いというか.

created: 2010-10-24T02:18:17+09:00, last modified: 2010-10-24T02:18:17+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101023

データ損失は忘れた頃にやってくる

2010年10月26日(火)

あるPCで,手持ちの無線LANアダプタを使ってみようと思い,ファイルサーバのドライバ置き場のフォルダを開いてみたら,何と空っぽだった.rsync の設定をとちったのか原因は不明.それ以外のデータは無事なのでヒューマンエラーの可能性が高い.

結局のところ,データ損失はヒューマンエラーが原因なんだよね...今回はあきらめて,他のマシンに残っているドライバをかき集めてツリーを再構築することにした.これがより重要性の高いデータだったらぞっとする.

と思ったら,なんか身に覚えの無い PATH にディレクトリごと移動してたwwwww なんなのこれwwww
まあ見つかったから良しとして,原因究明と,ヒューマンエラーを考慮したバックアップ体制を考えていこう.

created: 2010-10-26T22:30:23+09:00, last modified: 2010-10-26T23:38:23+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101026

疲れた

2010年10月29日(金)

仕事やった気分になった.退社後にシューティングレンジでハンドガンぶっ放して,ややすっきりした.メインマシンの CPU を省電力型に交換しようと思った.Windows Home Server 買うのは 2008 R2 x64 ベースのが出てからにしようと思った.自宅ネットワークにようやくセカンダリDNSを設定できた.散々ぱら設定ファイルイジったら前の設定を忘れたのでやっぱり Subversion とかでリビジョン管理したいなぁとか思った.

うあ疲れた.寝る.

created: 2010-10-30T00:54:11+09:00, last modified: 2010-10-30T00:54:11+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101029

土日まとめ

2010年10月31日(日)

土曜日.監視用に小型 VGA モニタを購入.夕方に大学の同期と飯を食ってビリヤード.うん年ぶりだったけど難しい.

日曜日.14時起床.ラーメンスレを見てたら天下一品に行きたくなったので出撃.ついでにそのまま近くのガンショップで掘り出し物を探しに行く.中古の AK47 が \16.8k で並んでて悩んだけど諦めた.バイクもいいが自転車も欲しい.

created: 2010-10-31T23:22:01+09:00, last modified: 2010-10-31T23:22:01+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201010.shtml#date20101031

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理