Magic eye りたーんず

意味深に振る舞っている。

table of contents

過去の日記

Akiary v.0.51

アクセス解析

バックナンバー

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理

あけましておめでとうございます

2015年1月2日(金)

あけましておめでとうございます。生きてます。本年もまるで更新が見られない Magic Eye を宜しくお願い致します。2003年9月に開設した本サイトも、ホスティング先を替え、twitter にメインを明け渡しつつも 11年目を迎えることが出来ました。

前年は chat ops 元年ということで遊んでばかりのピーマンでしたが、今年も年齢不相応な益々の精進を心がけて生きていきたい所存にございます。

...冗談はさておき、前年は反復的な作業ばかりだったので、今年はもっと「設計」、「後身を育てる」ことに注力した1年にしたいと思っている次第。

去年やってきた BOLT 君も、もっと色んなところに連れて行ってあげたいですね。特に、自分の大好きな地元の道をお供して欲しい。

created: 2015-01-02T01:02:51+09:00, last modified: 2015-01-02T01:07:42+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150102

PIANISSIMO UltraLightsをあけた

2015年1月6日(火)

震災のドサクサで廃止銘柄となり、冷凍庫で未開封のまま保存していた銘柄を開封した。1本だけ吸って、直ちに真空パックしたのは言うまでもない。

やはり PIANISSIMO icene 5mm とは味が全く違う。記憶と嗅覚は密接な関係にあると言われているけれど、就活とか祖父のこととか、いろんな記憶が蘇ってきた。涙さえ出てくる。タバコを吸えと言うつもりは無いけれども、遠い記憶を探り出したいなら匂いは記憶を引き出す良い key なので是非とも活用してほしいと思う次第です。

created: 2015-01-07T03:02:52+09:00, last modified: 2015-01-07T03:02:52+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150106

三極真空管 UY-76 で並三ラジオを作った

2015年1月14日(水)

回路図とにらめっこしつつアキバでパーツを買い揃えながら3連休で作った。とりあえずバラック状態でAM放送がそこそこ受信出来ている状態。

主要コンポーネントは手持ち。中学のとき、ラ製の記事に興味をひかれて部品を集めたものの、結局動作させられず、押入れに眠らせたままの真空管やトランスがあった。実家に帰る度に「取り寄せるか?いやガラス製品だしな」をくりかえしていたが、色々思うところがあったので、意を決して実家から発送、完成にこぎつけた。追加購入した主要コンポーネントは半波整流管 12F 、並四コイルくらいか。

回路定数は概ね決まったけど、ハコに入れるまでは気が変わる可能性は十分あるw ハコに入れたらまとめて記事にしておこうと思う。

ちなみにこのラジオの部品と一緒に、このサイトの名前「マジックアイ」の語源になった真空管(同調指示管)も合わせて衝動買い。コイツでも何か作りたいとは思う。でも、寿命がおそろしく短い(500時間)、お値段も結構するので二の足状態..

created: 2015-01-14T01:21:24+09:00, last modified: 2015-01-14T01:21:24+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150114

6C6+76二段の並四でFA

2015年1月22日(木)

仕事でぐんにょりしてるものの、自分の好きなようにモノを作ることは大好きな俺様。

先日、76で再生検波、76で電力増幅という、0-V-1 構成のAMラジオ回路を組んだという話を書いて、「ハコに入れるまでは気が変わる可能性は十分あるw」とも書いた。予想通り欲が出てしまい、新しく真空管を追加した。新しく投入したのは、高周波用の五極真空管 6C6。鉄板ですねw

構成としては、6C6で再生検波、76で低周波増幅、76で低周波電力増幅という、0-V-2 にパワーアップ。音量としては常用できるラジオになった。クソ真面目に整流管 12F を使っているので、都合4本の真空管が佇む贅沢な構成w

ただ、バラック状態では満足の行く感度・選択度だったのだが、いざケースに組み込んで見たところ、中電界な放送の感度が著しく低下してしまった。。どうやら実験を繰り替えした結果、ポリバリコンが熱でアホの子になってしまったらしい。あとは配線もだな。ぐぬぬ

やはり真空管といえばエアバリコン。明後日にでもアキバで部品を調達してこようと思う。

これが一段落したら、これまた放置してた周波数カウンタキットをどうにかしてしまいたい。

created: 2015-01-23T02:19:45+09:00, last modified: 2015-01-23T02:19:51+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150122

UTF-8 対応 と 真空管ネタ

2015年1月25日(日)

あなたの予想に反して、この日本語が正しく読めているでしょうか?

真空管ラジオネタをまとめたんだけど、それに併せて旧くなったコンテンツを少し整理してたら、「もう UTF-8でいいかな」と思い初め、エイヤっと本サイトの文字コードを EUC-JP から UTF-8 に変更した。RSS も併せて移行したが、まぁ良さそうな感じ。

created: 2015-01-26T06:51:39+09:00, last modified: 2015-01-27T06:00:17+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150125

「なんで真空管」といわれましても

2015年1月27日(火)

ずっとコードばっか書いたり、有りモノ基板を組み合わせただけの自作PCは正直食傷気味だったので、こういう電子工作のフラストレーションが溜まってたというのが、偽りの無い答えではあるんだけど、それはさておき。

何だかんだで俺モノ作るの好きなので。加えて、真空管というデバイスの「動いてます」感ってすごいじゃない。だってヒーターが点灯してる所なんてもう機械が動作している状態そのものだし、散々半導体の恩恵にあやかっておいてこういうこと言うのもなんだけど、こういうのは半導体で組んだ回路では味わえない。

遠い昔に役目を終えた技術だし、今後何かの役に立つかと言われると、温故知新以上のものは無いとは思う。せいぜい語り草。でも趣味なんてそんなもんじゃないかなー と思うわけです。

あ、でも Linux で回路図・ダイアログとかを描ける Dia Diagram Editor を知ることが出来たのがうれしい。Windows/Mac binary もあるみたい。今回回路図を引くにあたって、主立った真空管やパッシブ素子のシェイプを自作したので、これは別途どこかで公開しようと思う。

created: 2015-01-27T06:08:16+09:00, last modified: 2015-01-27T06:19:05+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150127

自宅ネットワークをもうちょっと何とかする

2015年1月30日(金)

76使った真空管ラジオは一段落したので、とか言いつつ1-V-1短波ラジオの構想を考えてたりするんですが。まぁとりあえず次は自宅ネットワークの設計見直し。

今の自宅ネットワークは、サーバ、コアスイッチ、ゲートウェイ等の基幹系を物理的一ヶ所に集中させてしまったので、そこの根元のコンセントをずばっと抜いて停止すると、インターネットに出られないという課題があった。サーバラックのメンテしてても最低限インターネットへの接続性は維持しておきたい。具体的には、ゲートウェイルータ、無線LAN AP等の一部基幹系を全く別の場所に移動させようというわけ。

できる限り追加投資は避けたいのだが、さて手持ちの機材でどこまでやれるかな....

created: 2015-01-30T21:55:32+09:00, last modified: 2015-01-30T21:55:32+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201501.shtml#date20150130

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理