Magic eye りたーんず

意味深に振る舞っている。

table of contents

過去の日記

Akiary v.0.51

アクセス解析

バックナンバー

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理

screen 4.2.1-3 (debian jessie) での罫線の扱い

2015年6月3日(水)

先日に引き続き、GNU screen + weechat の組み合わせで表示が崩れる件。特に断りが無い限り、環境は debian 8.0/amd64 jessie stable.

  • weechat 1.2
  • GNU screen 4.2.1-3
  • mlterm 3.3.8-2

色々調べていったところ、screen が、縦罫線を全角(U+2502)に変換するのが原因のように見える。weechat では、半角縦罫線(U+2551)という前提で端末を制御しているため、論理文字幅1個分多くカーソルが進んでしまう。こと buffers.pl 等の画面を縦に割る類の表示となると、ひどく画面が崩れる。

おそらく、screen に入った「東アジアの曖昧な文字幅(East Asian Ambiguous Character Width)」の変換がお節介してるのはないか...と踏んでいるが、今日は眠いのでここまで。。

なお、debian lenny->squeeze->wheezy と dist-upgrade した環境ではこの問題は発生せず、wheezy を新規導入した環境からこの問題が起きているので、設定で回避できるような気はするが、infocmp の移植では治らなかった。

ツーリング行きたい。1年くらい。

created: 2015-06-04T02:07:08+09:00, last modified: 2015-06-04T03:04:12+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150603

旧日本軍用真空管 RH-4 を入手

2015年6月5日(金)

代休取ってる筈なのに、夕方にしれっとオフィスに現れて普通に仕事してる。ダメ過ぎる。

夜から会社の先輩と飲みの予定だった。朝一度目を覚ましたものの、見事に天気が崩れており、ちょっとバイクでどっかいくような気分も吹っ飛んでしまってそのまま二度寝。15:00に起床したものの、やはり少し時間がある。ちょっとアキバをふらついていたところ、委託販売コーナーで、掲題の真空管を入手することに成功。旧日本軍用の球は技術資料としても歴史的資料としても、1本は手元に置いておきたかった球。

で、この旧日本軍用真空管、「Hシリーズ」とか「H管」などと呼ばれ、用途に応じて何種類か存在した。今回入手した RH-4 は高周波増幅5極管。見た目こそメタル管だが、その実ガラス球を鉄製ケースで被ったものである。まぁGT管と考えればいいんではなかろうか。

錆が多く状態は悪いが、RH-4 の刻印や「19.9」(昭和19年9月製造?)等の識別は容易。プロペラ型のロゴがあることから旧日本海軍に納品する個体と推測される。頭部の穴から内部の状態を見るに、ゲッターは健全のようなので真空状態も維持されているのではなかろうか。

なお、誤って破壊するのは嫌なので、いまのところ動作確認やレストアをするつもりはない。

created: 2015-06-06T05:05:34+09:00, last modified: 2015-06-06T05:15:45+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150605

weechat の罫線問題、とりあえず解決?

2015年6月8日(月)

先日の記事で、原因までは概ね掴んでた、weechat の罫線(東アジアの曖昧な文字幅)問題。とりあえず weechat 側の設定で、U+2502の代わりの文字を使用するよう、次の設定を入れた:

/set weechat.look.separator_vertical "|"
/set weechat.look.prefix_suffix "|"

本来であれば、要らん文字変換をしてくれる端末マルチプレクサ側を黙らせた方が良い気はするが、影響範囲がデカいし、俺のやる気が枯渇していたので、もういいやー となった。

一旦はこれで様子見するつもり。これでとりあえず安心して寝られるかな。あーーーーー疲れた orz

そしてやっぱ tmux は何か肌に合わないというか、ペイン分割の挙動に不満があるので、一旦 screen に戻ることにした。というか並行稼動?

created: 2015-06-09T04:43:32+09:00, last modified: 2015-06-09T04:54:30+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150608

AOR AR8600 mark2 買った

2015年6月15日(月)

短波ラジオ聴くなら、BCL向けラジオとか ALINCO DX-R8 でもよかった。正直、ALINCO DX-R8 とどっちを行くか最後まで悩んだが、やはり筐体のサイズで AOR AR8600 mark2 に食指が伸びてしまった。なんだかんだで AOR は昔から憧れだった。

買ったのはオプション一切無しのN/A仕様。アンテナは COMET BNC750 (HF-50MHz) と組み合わせてみてるが、短波の受信感度はまずまずといったところか。とりあえず高級なホームラジオとして使っている。真空管ラジオでもそうだが、選局やスケルチのダイヤルを回すだけでもワクワクする。こういう興奮は液晶画面の向こうにあるモノを操作するだけでは味わえない。

AOR 製受信機は、機器を RS-232C で操作することができ、しかもコマンド等の仕様はすべて公開されている。ただ、中には EEPROM を書き換える等、かなり強烈なコマンドも含まれているとのことなので、ちゃんと確認してから試そうと思う。。

created: 2015-06-16T00:23:14+09:00, last modified: 2015-06-16T00:23:14+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150615

debian で WQHD 出力できた

2015年6月16日(火)

デュアルリンクDVIケーブル無かったから半分諦めでHDMIで接続だったけど、あっさりだった。2560 x 1440 60Hz。チラつきもない。

  • OS: Debian GNU/Linux 8.1 (jessie)
  • CPU: AMD Athlon(tm) 5350 APU
  • M/B: ASUS AM1I-A
  • モニタ : ASUS PB278
  • 接続: HDMI
  • ドライバ: fglrx-14.501.1003 (AMD Catalyst OMEGA Driver)

今まで、EIZO FlexScan S2242W (22inch WUXGA) + ASUS VS229 (22inch FullHD) で暮らしてきたけど、Windows で写真焼くなら sRGB とか発色重視したい、ということで EIZO を Windows マシンに持っていき、debian は ASUS PB278 (WQHD) x1体制に移行。デスクトップ周辺もスッキリして良い感じ。なお、ゲームはプロジェクタでやるので大きな問題は無い模様。

しかし、こう、何かがおかしい。掲題とはまったく関係ないここ最近の所感。

created: 2015-06-16T03:19:34+09:00, last modified: 2015-06-17T03:25:41+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150616

気管系をやられた

2015年6月20日(土)

腹痛や熱があるわけではない。でも気管系にくるため、咳があったり、鼻詰まりで頭痛になったり。なーんか周囲で流行ってるんだよなぁ。なんだろう。

天気がよさそうなので、おでかけには絶好。なんだけど深夜作業明けなので、飯くって一旦寝る。作業明けが休日になる深夜作業は、アフター5が潰れるだけで全くお得感が無い。やはり、深夜作業は平日にやってこそ。通勤ラッシュの逆を行く電車にマターリゆられ、朝のコンビニでビールを買って帰宅し、朝酒キメて寝る。そしてなぜかその日の夕方に出社して終電で帰るという謎。

よいこはまねしちゃいけないよ!

created: 2015-06-20T06:19:52+09:00, last modified: 2015-06-20T06:28:19+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150620

ぽちったもの

2015年6月21日(日)

ApexRadio 303WA-2 長中短波用受信アンテナ. AOR AR8600 Mark2 や ALINCO DJ-X81 と組み合わせる。長さ 1.8m なら集合住宅のベランダにも手軽に設置できる。AOR SA7000 という選択肢もあったけど、まぁそこまでゴツいのは要らないかなー と。COMET BNC750 はマグネット基台と組み合わせてバイクに搭載というのも悪くない。

DVI デュアルリンクケーブル. WQHD 出力できるかなーと思ったが、ASUS AM1I-A はデュアルリンクをサポートしてなかったようで。まぁ HDMI 出力でイケることを確認してるので、お試し程度。

created: 2015-06-21T22:47:44+09:00, last modified: 2015-06-21T22:50:38+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150621

gpredict 導入

2015年6月23日(火)

1月の真空管ラジオ製作から始まった、無線通信への回帰。ここまできてしまった感。Linux で使える人工衛星トラッキングアプリケーションの導入。

BCL受信用のガチアンテナが到着したので、とりあえず三脚に固定して室内に設置。選局ダイヤルを回してはウヒョウヒョしている。ただ、やっぱ室内では大した利得が得られるわけもなく、うまいこと室外に設置する方法を模索している。

で、せっかくならもっと短いアンテナで楽しめるものは無いのか?ということで、なぜか気象衛星の受信に辿り着く。調べていたところ、アメリカの地球観測衛星 NOAA などは、追加投資も少なく簡単に衛星画像を受信できるらしいことが判った。なにはともあれ衛星追跡ソフトを入れてみよう、ということで入れたのが、掲題のアプリケーション。debian 8.0 なら apt で簡単に導入できる。あとはオンラインで衛星の情報を更新してやれば ok.

先日太陽フレアが発生したらしいが、これ広帯域受信機で観測できないのかなぁ

created: 2015-06-24T01:51:01+09:00, last modified: 2015-06-24T02:33:47+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201506.shtml#date20150623

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理