Magic eye りたーんず

意味深に振る舞っている。

table of contents

過去の日記

Akiary v.0.51

アクセス解析

バックナンバー

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理

WILLCOM から MVNO に MNP した

2015年11月1日(日)

学生時代から10年弱使い、震災でも一定の活躍を見せた PHS をあとにした。

WILLCOM 時代に W-ZERO3 [es] 用として契約し、ダイヤルアップ接続でインターネット接続に使っていた。Linux での PPP 接続と AT コマンドはこいつに全部教わった。Android がメイン端末になった後も、非常時用の通信手段として 3G 以外の回線確保のために維持し、悪くも震災の時には 3G よりもスムーズに着呼したという実績があった。帯域こそ狭いものの、グローバルIPアドレスが降ってくるのは NAT 越しの通信で頭を抱えた時の良い切り分けツールになってくれて助かった。なんだかんだで困ったときの良い相棒だった。

そんな WILLCOM も、Softbank グループに事業譲渡された後は、坂を転げ落ちるようにアンテナは減らされるわサポートコインは打ち切られるわと、本当に散々な仕打ちを受けた。PHS という技術はもう過去のものかもしれないし、古いものはなるべく EoS にしたいという思惑も何となく感じていたし、気持ちは判らなくもないが、いくらなんでもサポートコインの打ち切りと消滅という対応には腹が立った。そういえば、グローバルIPアドレスの必要性もここ数年はだいぶ薄れてきた感触である。

というわけで、この番号にはそれなりに愛着があったし、従来の月額料金でデータ通信を常用できるならば、ということで IIJmio に転出してみることにした。

さて、転出の方法については、IIJmio の 他社から乗り換え(MNP転入)に詳しい流れが書かれているので、今回はそれを参考に進める。

MNP予約番号の発行についてだが、WILLCOM 由来の PHS (070番号) については、My Y! mobile (旧 WILLCOM STORE, My WILLCOM) からは発行できない。「電話かショップでしかできなさそう」ということで、ショップに行ってみたところ「PHS の MNP予約番号発行は、窓口ではシステム上対応できない。解約はOK」とのことだった。で、窓口で電話番号を教えてもらったのが 151 だった。実はこの番号、通話料をとられるという事は事前に把握していたので、契約端末からの通話料無料の音声ガイダンス(116)から発呼。あとは音声ガイダンスにしたがって、2 -> # -> 3 -> 3 -> 1 (この辺からちょっと判りにくくなる) -> 4 -> オペレータというボタン操作で行く。もちろんこれは 2015/11/01 現在の情報なので、今後分岐等が変わることは十分ありうる。あとはオペレータさんに要件をお伝えして、番号を取得。端末がライトメールに対応しているならば、ライトメールで送るようにオペレータさんが計らってくれる。オペレータさんの対応は終始とても丁寧だった印象。余談だが、2回暗証番号を間違えても、別の方法で本人確認をしてくれる。

PHS という、今では数少ない通信回線を解約することになったのは痛恨の極みだと思っているものの、同じ料金を払っているならば、寝かせるより使えた方が安心するに決まっている。そんな天秤がついに今日後者に傾いた。そんな日だった。いままでありがとう、WILLCOM。

created: 2015-11-02T00:49:08+09:00, last modified: 2015-11-02T00:55:27+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201511.shtml#date20151101

12月末で退職、地元に戻ります。

2015年11月15日(日)

8月末頃から活動を開始し、10月頃に近しい方にはお知らせしてましたが、「聞いてねーよ」って人には、適宜連絡しますんで続報を待たれよ。

引越しで畳むものを極力減らすため、DNS/DHCP等の基幹系を担っていた Celeron 600Mhz マシンを P2V した。いろいろあって OS も再インストールした。debian jessie になってから udev が何か挙動変わった?バイクは意地でも地元に連れて帰ります。せっかくバイクとして生まれてきた以上は、広い道を駆ける楽しさを感じて欲しいから。

created: 2015-11-16T04:03:39+09:00, last modified: 2015-11-18T00:51:46+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201511.shtml#date20151115

一筆認めた

2015年11月16日(月)

20分かからなかったか。考えてみれば、始まりもそんなもんだった気がするし、今もそういう状況。実は始まりも終わりもハッキリしたプロトコルがあるわけではない。不思議な気分である。

ところで、暫くは実家に身を寄せて体制を立て直すことになるのだが、実家ネットワークとの相互接続とかを真剣に考えないといけない。つうても基本的にはボーダーゲートウェイルータを置くだけなのだが。あとは CATV と FTTH のマルチホームの組み方をどうするか...

created: 2015-11-17T04:42:35+09:00, last modified: 2015-11-17T04:47:28+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201511.shtml#date20151116

久しぶりに携帯電話メール発射してみたけど

2015年11月23日(月)

めーらでーもんさんからの代返多いなぁ...やはり時代はLINEなのか。あるいは SMS なのか。

GPS を clock source にする ntp サーバを作る。地元に帰るにあたり、ふと気になって主要な公開 ntp サーバへの traceroute をしてみた。やはり地方でそれなりに距離があるため、RTT が都内の自宅より概ね倍になる。実用上はまったく問題無いのだが、「これだから地方は」とか言われるのは悔しいので、どうせなら NTP stratum-1 相当の高精度時刻サーバを作ってみようと思った。

この手の話題を検索すると、Raspberry Pi に PPS 出力対応の GPS モジュールを接続して構築している事例が多い。自分もこれを真似てみようかと RPi を買ってきたものの、せっかくならやはり他の機種で試したい。幸い、GPIO が生えている x86 箱やマザーボードは家に沢山転がっている。というわけで、以前購入して予備機として保管していた nexcom DNA940 をターゲットハードウェアとして、あれこれ弄ってみている。

created: 2015-11-23T22:46:30+09:00, last modified: 2015-11-24T00:10:09+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201511.shtml#date20151123

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理