Magic eye りたーんず

意味深に振る舞っている。

table of contents

過去の日記

Akiary v.0.51

アクセス解析

バックナンバー

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理

そんな日もある

2017年2月19日(日)

毎週のように週末はスノボいってたり。

VyOS イジってたら急激に JUNOS を触りたくなってきたので、eBay で Juniper SRX300 サービスゲートウェイが破格だったので思わず購入。送料込み込み \30k で、2週間くらいで到着。自宅のゲートウェイルータをこいつにリプレースしてみようかなと企んでいたりする。Cisco IOS の時もそうだったけど、基本操作は本当に体が覚えてる。Juniper のサポートを受けられるかは、まだユーザ登録の返答が来ていないので判らないが、まぁ安いしいいか。

本業の方は、なんだかよく判らない状況。地道に MSP430 なり ARM Cortex-M4 なボードなり Raspberry Pi を弄って経験を積んではいる。不満は無いけど、一方満足もしてない。

今日は洗車して、ちょっとホームセンターぶらぶらして、Juniper One Day 読みつつ SRX300 設定のセルフトレーニングして、HF-50MHz 出られる良さげな無線機物色してたら、1日が終わってしまった。

created: 2017-02-19T23:15:47+09:00, last modified: 2017-02-19T23:24:18+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201702.shtml#date20170219

実務3年

2017年2月24日(金)

情報通信業界から、無線通信デバイスを主とした組込機器のファームウェア開発を生業とする業種に転職して1年ちょっとが経過した。

前職で経験したいわゆる「インフラエンジニア」としての経験は、今までの人生でもっとも充実した経験だったと考えている。そりゃ確かに勤務時間は不規則だし、携帯電話にはひっきりなしに監視アラートのメールが飛び込んでくる大変な仕事ではあったものの、お世話になった人や多大な影響を受けた人は数知れない。一方で、自分のルーツは電子工作を出発点としており、コンピュータの中でもハードウェアとソフトウェアの境界面(共通基盤系の技術)にあたるところが興味の中心。なので、組込機器というのは本来自分の得意分野の中心でもある。まったくの異業種への転職とはなったが、これまでの経験をうまく組み合わせたキャリア(笑)を構築していこう、などと考えていたわけで。

しかし最近ことさら感じるのが、たった1年実務から離れただけで、こんなに記憶が薄れてしまうのかと驚きを隠せない点である。よく「実務経験3年」などとはいうが、「3年もやってたら、それまでの経験が頭から揮発するのではないか」と不安になることが多くなった。プライベートでは Linux サーバや NW 機器を弄って自主的にリハビリを行っているが、実務経験のそれには全くかなわない。むしろ無駄なプライドを増長させているだけの可能性もある。昔取った杵柄ではないが、下手をすると現場からは「過去の栄光にすがり付く老害」と見做されてしまうかもしれない。

今取り組んでいることは確実に身についている。一方で、かつて得た貴重な知識と経験の記憶は、時を追うごとに歪みと陳腐化が進み、やがては下手をすれば将来の若い人の芽を摘み取りかねない存在に自分がなってしまうのではないか。ここ最近でもっとも悩むことなのであった。

created: 2017-02-25T03:25:30+09:00, last modified: 2017-02-25T03:25:35+09:00.

URI : https://www.misasagi.org/201702.shtml#date20170224

先月 | 来月 | 最新版 | 日記管理